お金が必要になったら、できるだけ早く借りたいですよね。

急な出費が発生して、お金の工面に頭を悩ませてしまう状況は誰にでも訪れます。

給料日前にどうしてもお金が足りないという人は、少しでも早く手元にほしいと思うでしょう。

「お金を借りたい人」のほとんどは緊急性が高く、即日融資を望んでいます。

このサイトでは、素早く即日でお金を借りたい人向けに、どこで借りるのがおすすめなのか、低金利で借りる方法などを詳しく説明していきます。

 

今すぐお金を借りたいと思うのは、どんな時?

お金借りる写真
お金を借りたいと思う理由は、人それぞれ、その時どきによって違います。

どのような状況の時に、お金が必要になるのでしょうか。

冠婚葬祭

冠婚葬祭は何かとお金がかかります。

結婚式などの慶事は事前にわかっていることも多いですが、誰かが亡くなってしまった報せは突然やってきます。

遠方の場合は、その交通費も大きな負担になるでしょう。

子供の授業料が払えない

お子さんがいる人は、学校の入学金や授業料を払えない理由でお金が必要になるケースが多くあります。

学校の授業料は金額が大きく、工面が難しいです。

入学時期はあらかじめ把握できるので、前から少しずつ貯めていく努力をしないといけません。

財布を無くしてしまった

財布を落としたり、盗まれてしまった場合は、手持ちのお金がありません。

銀行のカードやクレジットカードも無いとなると、早急に現金が必要になります。

親や友人に借りるときだけでなく、消費者金融を利用するときもお金を借りる理由は必要です。

本当のことを言うのは恥ずかしいかもしれませんが、きちんと伝えるようにしましょう。

 

お金はどんなところで借りられる?

お金借りる場所

急にお金が必要になったときに考えるのが、「誰に借りよう」「どこでどのように借りよう」です。

今の時代、お金を借りられる場所は多くあります。

  • 家族や友人
  • 消費者金融
  • 銀行
  • ろうきん
  • 郵便局(ゆうちょ)
  • 国の公的融資制度

親や兄弟から借りれば利息はかかりませんが、身近な人だからこそお金が必要な理由を言いにくい場合もあります。

そんな時は、銀行や消費者金融の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

即日借り入れできる、金利が低いなど、機関によってそれぞれ特徴があります。

いろいろ見極めて、自分に合ったところで借りることが大切です。

 

早く借りたいなら消費者金融のカードローンを使おう

お金借りる消費者金融

お金を最も早く借りられるのは、消費者金融のカードローンです。

消費者金融は、土日や祝日でも利用できます。

消費者金融のメリット

  • 審査時間が短く、その日のうちに借り入れが可能
  • 申し込みから最短1時間で、借りられる
  • 受付時間が長い(24時間営業のところもある)
  • インターネットから申し込みができる
  • 銀行などに比べ、金利が安い

その日の生活ができないくらいお金に困っている人にとって、最短1時間で借りられるのはとても魅力的です。

消費者金融は金利が高いイメージですが、初回であれば30日間無利息のところもあります。

早急にお金が必要な人、忙しくて銀行などにいけない人には、利便性が良い消費者金融がおすすめです。

 

銀行カードローンは専業主婦でもお金を借りれる

お金借りる銀行

銀行カードローンなら、専業主婦でもお金を借りることができます。

消費者金融は、パートなどの収入がある主婦は借り入れOKですが、専業主婦は対象外です。

銀行には、「借入限度額は年収の3分の1まで」という総量規制がないため、自分の配偶者に収入があれば、専業主婦でも借り入れが可能です。

働いていなくても、お金を借りられるのは嬉しいですね。

銀行によっては、即日融資が可能であったり、来店不要のweb申し込みができるところもあります。

金利も、消費者金融より低いところがほとんどです。

専業主婦でお金を借りたい場合は、銀行カードローンを利用するほうがよいでしょう。

 

低金利でお金を借りたいなら国の融資制度を利用しよう

お金借りる公的

国の融資制度を利用すれば、より低金利でお金を借りられます。

一時的にお金がないのではなく、仕事がないなどの理由で長期的に生活の維持が困難な人は、高金利の消費者金融や銀行で借りても、返済が難しいでしょう。

そんな時におすすめなのが、国や自治体の制度です。

ただし審査が厳しい点と、融資までに最低でも1ヶ月以上かかってしまう点がデメリットになります。

母子家庭の人は母子寡婦福祉資金でお金を借りれる

母子寡婦福祉資金は、母子家庭で収入が少なく生活が苦しい人のために貸付をおこなっている制度です。

子供の学費や生活維持のための資金、住宅購入費用など、多くの用途に使えます。

連帯保証人をつければ無利子、つけられない場合でも年1.0%となり、銀行に比べ圧倒的に低金利で借りられるのが魅力です。

また半年から1年間の措置期間があり、無理のない返済ができます。

母子寡婦福祉資金について詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

1743pv
知らないと損!母子家庭でお金を借りられる「母子寡婦福祉資金」とは?

「母子寡婦福祉資金」という制度をご存知ですか? 母子寡婦福祉資金は、母子家庭の人が無利子・低利子でお金を借りられる制度のことです。 シングルマザーの人口は、年々増加しています。 昔に比べ、未婚のシング ...

続きを見る

 

失業中の人は求職者支援資金融資を使おう

求職者支援資金融資は、職業訓練をしている人へ向けた貸付制度です。

職業訓練受講給付金をもらっていても、そのお金だけでは生活が困難な場合に、融資を受けることができます。

公的制度のため、条件はいくつかありますが、担保や連帯保証人は必要ありません。

年3.0%の低い金利で、借りられます。

働く意思があり、安定した職に就けるように努力ができる人は、ハローワークに相談してみるとよいでしょう。

下記の記事に求職者支援資金融資について詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。

 

生活サポート基金は自己破産者でも借り入れ可能

生活サポート基金では、自己破産者でもお金を借りることができます。

生活サポート基金の「生活再生ローン」は、自己破産しているなどの理由で、どこからもお金を借りられない人向けに貸付をおこなっている制度です。

多額の借金を抱えている人や自己破産者は、銀行や消費者金融のカードローンの審査に通りにくくなります。

金利は12.5%で、銀行とあまり変わりません。

お金を借りた後も相談できて、生活の再生向上へ向けたアドバイスをもらえるのが、生活サポート基金の利点です。

消費者金融などで融資を断られてしまった人は、一度、生活サポート基金に電話してみてはいかがでしょうか。

生活サポート基金についての詳細は、下記の記事で紹介していますので、合わせてご覧ください。

3,908pv
生活サポート基金でお金を借りるなら|気になる審査基準と評判は?

生活サポート基金という団体を知っていますか? 初めて聞いた、というかたも多いと思います。 管理人今回は生活サポート基金とはどのような団体なのか、活動内容や評判、審査基準などを紹介していきます。 生活サ ...

続きを見る

 

働く人の味方!ろうきんでお金を借りる

お金借りる労金

労働金庫(ろうきん)は、勤労者を中心に融資をおこなっています。

業務は銀行とほぼ同じですが、営利を目的としていないところが異なる点です。

ろうきんのカードローン「マイプラン」では、年3.875%〜8.475%の金利でお金を借りることができます。

組合員より金利は高くなりますが、勤務先に労働組合がなくても各ろうきんの対象地域に住んでいれば、借り入れが可能です。

銀行や消費者金融に比べて低金利という点が、ろうきんの最大の強みとなります。

ろうきんでお金を借りる方法について詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

 

身近な郵便局(ゆうちょ銀行)でお金を借りる方法

お金借りる郵便局

郵便局(ゆうちょ銀行)では、定額貯金などを担保にお金を借りられます。

ゆうちょ銀行での定額貯金・財形貯金・国債の契約が条件です。

これらを利用していれば、借り入れの審査はありません。

必要書類を持ってゆうちょの窓口にいくだけで、簡単に申し込みができます。

すでにゆうちょの定額貯金を利用している人は、銀行や消費者金融で借りるよりも金利が低いのでおすすめです。

ゆうちょでお金を借りる方法については、下記の記事を合わせてご覧ください。

更新日:

Copyright© 今すぐお金を借りるための選択肢!即日で素早く借りたい人向けに元銀行員が解説 , 2018 All Rights Reserved.