お金を借りる条件

総量規制対象外のカードローン比較|即日融資で審査に通過できるのはどこ?

投稿日:

カードローンを利用していて、「急にお金が借りられなくなった」や「審査に通過できなくなった」という経験をしたことはありませんか?

カードローンなどの貸金業者は総量規制の対象となるため、借入金額の合計が年収の3分の1を超えるとそれ以上の借り入れができなくなってしまいます。

しかし、お金を借りられないと急に言われても、生活費のやりくりや急に資金が必要になったときに困ってしまいますよね。

ここでは、総量規制対象外となるカードローンや、多額の借入をしていても即日融資で審査に通過できる消費者金融を徹底解説していきます。

管理人
総量規制対象外のカードローンなら、複数の金融を利用している人でもお金を借りることができます。

総量規制とは?対象外のカードローンで即日融資可能な借入方法

総量規制対象外の画像

総量規制とは、利用者の借り入れを返済できる金額までに制限する法律のことです。

借り入れ金額の合計が年収の3分の1を超えたとき、それ以上の借り入れができなくなります。

貸金業者は総量規制以上の貸付をすると貸金業法違反とみなされ、営業停止や業務指導などのペナルティを受けてしまうため、遵守せざるを得ません。

この法律により、年収の3分の1までお金を借りている利用者は、カードローンの新規申し込みや追加借り入れができない状態になります。

ただし貸金業社が利益を目的としない、利用者を救済するための貸付は総量規制の対象外にあたり、年収の3分の1以上の借入が可能です。

ポイント

銀行のローン商品や消費者金融のおまとめローンは、総量規制の対象外として国から認められています。

総量規制対象外と認められている金融機関

総量規制対象外カードローンの画像

年収の3分の1以上の金額を借りたい人は、総量規制対象外の貸付を展開している金融機関で申し込みをしましょう。

銀行の貸付は、どのローン商品でお金を借りても総量規制の対象外となります。

しかし銀行のローンは金利が低く、借入金を踏み倒されると赤字になることから、確実に返済ができる人を選びます。

総量規制以上借りられることが許されていても、他社からの借入金額が年収の3分の1まで到達している人は「返済能力がない」とみなされ、まず審査に通過できません。

一方で銀行より金利がかかる消費者金融のカードローンは、利益が大きいことから貸し倒れのリスクを回避できるため、新規融資に積極的です。

消費者金融の審査は、それぞれの「当社基準」に基づいて判断をしています。

管理人の経験では、この「当社基準」は過去にその消費者金融でトラブルを起こしていない限り、有益に判断をしてもらえます。

即日融資で今すぐお金を借りるならアイフル

消費者金融の中でも、アイフルなら毎月5万円以上の収入があれば審査通過が可能です。

webから申し込みをしたあとに、「総量規制以上借りたい」という旨を伝えてください。

さらにアイフルなら審査時間が最短30分で完了し、最短60分以内に即日融資も可能なため、今すぐ総量規制以上借りたい人にはぴったりです。

(cv)

総量規制には例外貸付と除外貸付がある

(画像)

例外貸付と除外貸付に分類される借り入れは、総量規制の対象外となります。

該当する貸付を知っておくと、自分が借りられるのかどうかの判断ができます。

消費者金融のカードローンでも、例外貸付や除外貸付に該当するローンは年収の3分の1以上の借り入れが可能です。

総量規制で例外貸付となる借り入れ

例外貸付は、低金利で貸金業社が利益を目的としていない貸付に適用されます。

以下の借り入れは例外貸付の対象となっているため、審査で返済能力が認められれば総量規制以上の金額を借りることが可能です。

  • 個人事業主への貸付
  • 緊急の医療費を支払うための借り入れ
  • 銀行からの融資を受けるまでに必要なつなぎ資金
  • 配偶者と併せて年収3分の1以下の貸付
  • 消費者金融のおまとめローン

例外貸付でお金を借りた場合、年収の3分の1の金額まで返済を進めない限り、新たな借り入れができません

返済が進んでいない状態では、カードローンの新規申し込みや銀行のローン商品で契約をすることも難しいため、注意が必要です。

総量規制で除外貸付となる借り入れ

除外の対象となる貸付は、総量規制に関係なく借り入れができます。

年収の3分の1以上を借りていても、繰り返しお金を借りられるのが特徴です。

以下の貸付は、総量規制以上を借りている状態で何度でも利用できます。

  • マイカーローン
  • 住宅ローン
  • 銀行目的別ローン
  • 高額な医療費を支払うための借り入れ
  • 不動産を担保にする借り入れ
  • 有価証券を担保にする借り入れ
  • ビジネスローン

除外貸付は、貸付残高として記録されないため、返済が進んでいなくても新たな借り入れができます。

とはいえ、借入金が多額になることから返済能力を厳しく見極めるため、審査通過が難しいのも事実です。

なぜ総量規制ができたの?年収の3分の1までしか借りられない理由

年収の3分の1の画像

総量規制は、多重債務による自殺者や自己破綻者が急増し、社会問題となったことがきっかけで導入された法律です。

当時は借り入れの上限がなく、29%〜30%という超高金利においての貸付が常習化されていたため、その影響で多重債務者が増加してしまいました。

借りすぎや貸しすぎを減少させ、利用者の生活を守るために、借り入れ限度額を完済可能な年収の3分の1までと定めています

総量規制で融資限度額の他にもうひとつ制限をかけているのが、利用者の属性です。

収入を得ていない人は、返済能力が認められないことから借り入れをすることができません。

管理人
総量規制対象外のカードローンなら、収入のない人でもお金を借りられます

総量規制対象外カードローン属性別比較

総量規制対象外お金借りるの画像

総量規制対象外のカードローンは、無職や専業主婦といった収入のない人でも、配偶者の収入証明書を提出することで借り入れが可能になります。

しかし、それぞれの金融機関で貸付対象者とする基準が異なるため、全てにおいて審査通過できるというわけではありません。

それぞれの属性に対して、利用できる総量規制対象外のカードローンは、以下のとおりです。

銀行カードローン 消費者金融カードローン
社員
派遣社員
アルバイト
パート
学生 ×
高齢者
年金受給者
専業主婦 ×
無職 × ×

学生やアルバイトの人は、返済能力があると認められにくいため、銀行カードローンにおける借り入れは向いていません。

消費者金融のカードローンなら、毎月4〜5万円以上の給料を得ていれば、アルバイトや学生でもお金を借りられます

ただし専業主婦は、消費者金融の貸付対象者に含まれません。

専業主婦でお金を借りたい人は、専業主婦でも借りれる銀行カードローンを参考にしてください。

無職は総量規制以上借りられないの?

総量規制の金額に限らず、無職の人は収入がないことから返済能力が認められないため、金融機関における借り入れができません

金融機関でお金を借りたい場合は、最低でも2〜3ヶ月以上収入を得ていることが必須です。

「無職期間が長いけど、どうしても今すぐお金が必要」という人は、違う選択肢を検討してみましょう。

3,638pv
今すぐお金を借りるための選択肢!即日で素早く借りたい人向けに元銀行員が解説

「給料日まで生活費がもたない」や「急な出費で今月ピンチ」と困っていませんか? 多額の支払いや病気で働けなくなってしまった時など、お金が足りなくなるシーンは様々です。 今回は、「今すぐお金が借りたいけど ...

年金受給者は総量規制対象外で借りられる?

年金受給者の人は、年金の収入のみであっても、「安定した収入がある」と判断されるため、審査の通過が可能です。

ただし、借入金額が100万円を超える場合は、収入証明書が必要になります。

年金受給者の場合は給与明細や源泉徴収票がないため、以下の書類を提出できるようにしておきましょう。

  • 年金証書
  • 年金支給額証明書
管理人
年金受給者や高齢者の人は完済ができる見込みが少ないため、審査が厳しい銀行カードローンにおける借り入れが難しいといえます。

銀行は総量規制の対象外だけど審査厳格化により通過が難しい

銀行総量規制対象外の画像

銀行のカードローンは除外貸付に該当するため、総量規制の対象外として借りられますが、審査基準が厳しく通過することが困難です。

銀行は、2018年に「過剰貸付をしているのではないか」という批判の対策として、カードローンの審査厳格化を発表しています。

国内の銀行各行はカードローンなど新規の個人向け融資で審査を厳しくする。来年1月から警察庁のデータベース(DB)への照会で審査に時間をかけ、即日の融資を停止する。

引用元: 日本経済新聞 電子版

警視庁のデータベースへ照会することにより、利用者の年齢や属性などのあらゆる情報が確認されます。

利用者にとって分が悪い決定をされたうえに、新たに収入証明書が必要となり、融資限度額も引き下げられました。

この決定以来、銀行ローンで審査落ちする人が増加してから「審査が厳しい」と言われるようになり、消費者金融の需要が高まったのは事実です。

消費者金融のおまとめローンなら総量規制対象外

総量規制対象外おまとめローンの画像

消費者金融のおまとめローンは例外貸付に該当するため、総量規制の対象外となります。

おまとめローンは、複数の金融機関からお金を借りている人や、多額の借入金を抱えている人を救済することが目的のプランです。

他社利用時よりも低金利での借り入れが条件で、「貸金業社が利益を目的としていない」貸付であることから総量規制の対象外として認められています。

おまとめローンって?

(画像1)

おまとめローンは、複数社や多額の借り入れをまとめて立て替えてもらえる借り入れ方法です。

複数社から借り入れをしている人は、返済先が1社になるため、振込に行く手間が省けます。

多額の借り入れがある人は、他社より低金利での借り入れができるため、通常より早く完済ができます

アイフルのおまとめローン「おまとめMAX」なら最短60分で借り入れも可能

総量規制対象外アイフルの画像

消費者金融のおまとめローンの中でも、とにかく早くお金を借りたい人は、アイフルのおまとめMAXが最適です。

アイフルはwebから申し込みをすると、申し込みから最短60分で融資をしてもらえます。

webで申し込みをすることにより、審査時間が最短30分に短縮されるため待ち時間も少なく、審査通過後からすぐに借り入れが可能です。

郵送物なし・電話連絡なし・カードレスの全てに対応しているのはアイフル1社だけのため、家族にバレずにキャッシングをするなら、選んでおいて損はしません。

総量規制以上借りられる銀行のカードローン

総量規制対象外銀行ローンの画像

総量規制は、貸金業社の貸付に規制をかける法律のため、金融機関である銀行は対象となりません。

銀行の目的別ローンは除外貸付に該当するため、総量規制以上の金額を借りられます

ただし、銀行の目的別ローンは下記のように使用用途が限られているので注意が必要です。

目的別ローン 使用用途
マイカーローン 新車の購入・修理にかかる費用
住宅ローン 住宅の購入・リフォームにかかる費用
フリーローン 引越しや旅行などの一時的に必要な資金
カードローン 冠婚葬祭・生活費など
教育ローン 子供の入学費用や授業料など
ブライダルローン 結婚に関わる費用
事業者ローン 中小企業の経営に必要な資金

総量規制以上のお金を自由に使いたい人は、利用の幅が広いフリーローンをおすすめします。

フリーローンは借りたお金の使い道が自由

総量規制対象外フリーローンの画像

フリーローンは、銀行が展開する目的別ローンの中でも、お金を自由に使うことができる借り入れ方法です。

生活資金や冠婚葬祭など、様々な用途に使用できて、一切制限をされません。

カードローンも同様に借入金を自由に使えますが、少しでも審査に通過したい場合は、フリーローンのほうが有利となります。

フリーローンカードローンの違い

フリーローンは、総量規制以上借りることができますが、一度借りると完済をするまで新たな借り入れができなくなります。

カードローンは、借入金が総量規制以上になっても何度でもお金を借りることが可能です。

カードローンは、自由に借りられるというメリットゆえに、「制限なく借りれる=借入金が高額になっても借り続ける」というリスクがあります。

借り入れ金額が多くなるほど完済できない恐れがあることから、銀行はカードローンの審査に時間をかけておこないます。

フリーローンは初回に借りたお金を返済するだけで良いことから、貸し倒しになるリスクが少ないため、カードローンよりは審査に通過しやすいのが特徴です。

銀行ローン商品は即日融資に対応していない

総量規制対象外即日融資の画像

銀行のローン商品は総量規制以上借りられるものの、即日融資には対応していないため、今すぐ現金が必要な人には向いていない借り入れ方法です。

銀行ローンの審査では、警視庁データベースへの照会に時間をかけるため、即日融資を停止しています。

そのため、融資までには最短でも3営業日〜1週間程度はかかります。

ネット銀行ならカードレスのため融資スピードが短縮されますが、それでも借り入れが開始できるのは、最短でも翌営業日です。

管理人
銀行のローン商品は、総量規制対象外とはいえ、絶対に借りられるというわけではありません。

銀行は年収の3分の1までに自主規制している

総量規制銀行の画像

銀行は、多重債務者を削減する対策のひとつとして、融資限度額の自主規制をしています。

金融庁による銀行カードローン検査で報告されている融資体制自主整備の内容は、以下のとおりです。

銀行による貸付けが顧客にとって過剰な借入れとならないよう、融資審査においては、年収証 明書や銀行が保有する顧客情報等を活用して、借入申込額に対して顧客が返済能力を有してい ることを確認し融資限度額を設定するなど、適切な審査態勢を整備することが重要である。

引用元: 銀行カードローン検査中間とりまとめ 金融庁

みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行では、自主的に融資限度額を利用者の2分の1から3分の1へ引き下げるルールを導入しているため、総量規制以上の借入自体が不可能になりつつあります。

中小規模の銀行にも余波が広がっているため、銀行なら絶対に総量規制以上を借りられるというわけではありません

-お金を借りる条件

Copyright© 今すぐお金を借りるための選択肢!即日で素早く借りたい人向けに元銀行員が解説「cci-nenkin.jp」 , 2019 All Rights Reserved.