お金を借りる条件

夫に内緒もOK!専業主婦でも借りれる銀行カードローン特集【2019年最新】

更新日:

家計管理を任されることが多い、専業主婦。

家計が苦しくなると、このような悩みを抱える人も多いのではないでしょうか。

「今月ピンチ!どうしても生活費が足りない…。」

「子供の入学費用が出せなくて困っている…。」

この悩みを手っ取り早く解決するためには、カードローンの活用がおすすめです。

とはいっても働いていないとお金を借りるのは難しいのではないかと、疑問があると思います。

でも、安心してください。

銀行カードローンなら、専業主婦でもお金を借りられます。

管理人
この記事では、「専業主婦でも借りれるカードローン」から、「夫に内緒でお金を借りる方法」までを紹介してます。

専業主婦がお金を借りるなら銀行カードローン

専業主婦銀行カードローン

銀行カードローンは、専業主婦でもお金を借りられる魅力があります。

基本的にカードローンは安定した収入がなければお金を借りられません。

しかし銀行カードローンは、配偶者収入があれば専業主婦でも安定した収入があると判断してもらえます。

本人が働いていなくても配偶者に収入があるので、無職やニートとは別の扱いになります。

では、専業主婦でもお金が借りられる銀行カードローンはどこなのでしょうか。

専業主婦でも借りられる銀行カードローン特集

多くの銀行カードローンが、専業主婦への貸付けに対応しています。

とくに「新たな形態の銀行」として知られるネット銀行は、専業主婦に対して前向きな融資姿勢が伺えます。

ネット銀行は、メガバンクと違って新しい銀行になるので、顧客をもっと獲得したい傾向にあるからです。

ポイント

専業主婦が銀行カードローンを利用するなら、ネット銀行系のカードローンを選ぶのがいいでしょう。

無利息で借りられる「ジャパンネット銀行カードローン」

ジャパンネット銀行カードローン

ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」は、専業主婦でも借り入れが可能です。

専業主婦の貸付については、公式サイトで以下のように明記されています。

配偶者に安定した収入があればお申込みいただけます。

引用元: ジャパンネット銀行

銀行ではめずらしい「30日間の無利息サービス」があります。

借りて翌月までに返せば、支払う利息は0円!

専業主婦が無利息でお金を借りられるのは、ジャパンネット銀行だけです。

限度額 金利 審査時間
最大1,000万円 2.5%〜18.0% 3営業日

低金利で長期借り入れも安心な「イオン銀行カードローン」

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンは、専業主婦でも借り入れが可能です。

専業主婦への貸付については、公式サイトにもしっかりと明記されています。

パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)の方もお申込みいただけます。学生の方はお申込みいただけません。

引用元: イオン銀行

イオン銀行カードローンの最大の特徴は、なんといっても低金利なところです。

多くの銀行カードローンは、上限金利を15%程度に定めています。

イオン銀行の場合、上限金利は13.8%と他の銀行に比べて低い金利設定をしています。

金利の安いイオン銀行カードローンなら、長期借り入れにも最適です。

限度額 金利 審査時間
50万円 3.8%〜13.8% 最短翌日

来店不要で手続き簡単な「セブン銀行カードローン」

セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローンは、専業主婦でも借り入れが可能です。

公式サイトに記載はありませんでしたが、問い合わせたところ「配偶者収入をもとにして専業主婦への貸付をしている」と回答がありました。

セブン銀行は、「近くて便利」のCMで有名なコンビニ業界最大手「セブン&アイ・ホールディングス」傘下の銀行です。

全国のセブン銀行ATM・ダイレクトバンキングサービスを利用できるため、以下の4つの手軽さがあります。

  1. 自宅圏内から借入れできる
  2. 土日祝日の借入れ可能
  3. 手数料ゼロ円
  4. Web完結申込みができる

セブンイレブンのコンビニに寄るついでに、カードローンの手続きが完了する便利さがあります。

面倒な手続きをしたくない人は、セブン銀行カードローンの活用がおすすめです。

限度額 金利 審査時間
10〜50万円 15% 2営業日

ネット銀行以外の選択肢!専業主婦でも借りれる地銀カードローン

専業主婦はネットバンクだけでなく、地方銀行のカードローンでもお金を借りられます。

馴染みの銀行を利用したい場合は、地方銀行カードローンを検討されてはいかがでしょうか。

金融機関名 全国対応 限度額 金利 審査時間
北海道銀行カードローン × 800万円 1.9%〜14.95% 最短翌日
青森銀行カードローン × 1,000万円 2.4%〜14.5% 2〜3営業日
みちのく銀行カードローン × 500万円 4.9%〜14.0% 2〜3営業日
秋田銀行カードローン 500万円 5.8%〜14.8% 最短翌日
北都銀行カードローン × 10万円 6.5%〜14.6% 3〜4営業日
荘内銀行カードローン 50万円 3.5%〜14.6% 最短2営業日
山形銀行カードローン × 500万円 4.5%~14.6% 最短2営業日
岩手銀行カードローン × 1,000万円 1.8%〜14.6% 最短翌日
東北銀行カードローン × 500万円 4.8%〜14.0% 10日以上
北日本銀行カードローン 500万円 3.0%〜14.8% 最短翌日
常陽銀行カードローン 800万円 2.5%〜14.8% 最短翌日
山梨中央銀行カードローン 40万円 5.0%〜13.5% 4営業日以内
富士山第一銀行カードローン 30万円 13.8% 3〜4営業日
静岡銀行カードローン 50万円 4.0%〜14.5% 最短翌日
大垣共立銀行カードローン 1,000万円 4.5%〜12.0% 最短翌日
南都銀行カードローン 300万円 14.95% 最短翌日
広島銀行カードローン 1,000万円 14.6% 3〜4営業日
伊予銀行カードローン 1,000万円 2.0%〜14.5% 最短翌日
愛媛銀行カードローン 50万円 4.4%〜14.6% 最短翌日
高知銀行カードローン × 500万円 4.8%〜14.5% 最短翌日
西日本シティ銀行カードローン × 300万円 13.00%〜14.95% 最短翌日

地方銀行の中で、とくにおすすめなのは「秋田銀行カードローン」と「静岡銀行カードローン」です。

秋田銀行と静岡銀行は、全国対応可能なうえに、最短翌日で借り入れができます。

さらにインターネット上で契約が完了するので、来店不要!

忙しい専業主婦の人でも使い勝手の良いカードローンになります。

専業主婦の限度額は10万円程度が限界!?

専業主婦限度額

銀行カードローンは専業主婦への融資をしていますが、限度額いっぱいの利用は難しいのが現状です。

銀行カードローンで「最大融資額1,000万円」と記載されていても、専業主婦は大幅に限度額が小さくなります。

実際に専業主婦が借りられる金額は、10万円未満であるケースがほとんどです。

融資に成功した専業主婦からは、次のような口コミがあがっています。

30代専業主婦

配偶者年収1,000万円以上で5〜10万円未満の融資を受けました。
借りたお金は、生活費のために利用しました。

20代専業主婦

配偶者年収200万円未満で5〜10万円未満の融資をしてもらいました。
急な冠婚葬祭が重なり出費がすごかったので助かりました!

配偶者の年収が1,000万円以上あったとしても、専業主婦では10万円程度の融資になります。

10万円程度の借り入れを、複数2〜3社ほど利用しているケースが多く見受けられます。

専業主婦は場合は、一般的なサラリーマンと比べて、借りられる金額が少ないことを念頭に置いておきましょう。

しかし借入額が少ないと、融資までのスピードが早くなるメリットがあります。

早ければ申し込みから翌営業日には借りられますが、専業主婦だと銀行カードローンのみの利用になるため、申し込み当日の借り入れはできません。

専業主婦は即日借入れできない?その理由とは?

専業主婦の即日借り入れのイメージ画像

銀行カードローンは、早くても最短翌日の融資時間となります。

これは専業主婦に限った話ではなく、銀行カードローン自体が即日融資に対応していないからです。

銀行カードローンが即日融資をしていない背景には、反社会的関係者への融資を防ぐ目的があります。

銀行カードローンは即日融資を廃止

かつては即日融資をしていた銀行カードローンですが、2018年1月に即日融資を廃止しました。

反社会的勢力への融資を廃止するために、新たに警察庁データベースへの照合作業が必要になったからです。

この警察庁への照合システムが厄介で、レスポンスが遅くて最短でも1日以上かかります。

しかし今のところ、即日融資を取りやめたのは銀行カードローンだけです。

消費者金融は、銀行カードローンのような警察庁へのデータベース照会を導入していませんので、即日融資が可能です。

専業主婦は即日可能な消費者金融で借り入れできない

消費者金融は、銀行カードローンとは違って即日融資に対応している優れたカードローンです。

ぜひとも利用したいところですが、残念ながら専業主婦への貸付けをおこなっていない消費者金融がほとんどです。

大手消費者金融のアイフル、アコム、プロミスでは、専業主婦への貸付けに対応していません。

これには、総量規制が大きく関係しています。

メモ

総量規制は、貸付額を年収の3分の1までに制限する法律のことで、対象となるのは消費者金融のような貸金業者になります。

自己収入0円の主婦は、「年収の3分の1=0円までの貸付」になるので、総量規制の対象になる消費者金融だと借り入れができません。

銀行カードローンは、総量規制の対象から外れるので、自己収入なしでも借り入れが可能になります。

  • 消費者金融…総量規制の対象だから0円まで=専業主婦は不可
  • 銀行カードローン…総量規制対象外だから0円以上=専業主婦でも可能

配偶者貸付」という制度を利用すれば、専業主婦でも消費者金融で借りられる法的な抜け道はあります。

しかし配偶者貸付制度を利用するには、配偶者の同意書が必要になってくるため、多くの主婦が利用したがりません。

消費者金融側も利用する人が少ないうえに、事務作業が圧迫されるので、配偶者貸付を導入していないところがほとんどです。

消費者金融で借り入れができない専業主婦は、物理的に即日融資ができないということになります。

専業主婦は旦那に内緒で借りれる?

専業主婦内緒

銀行カードローンであれば、旦那に内緒でお金を借りられます。

なぜなら、専業主婦本人の名義で融資を受けられるからです。

銀行カードローンは、消費者金融と違う法律に従って融資をしています。

銀行に適応される法律を銀行法といいますが、銀行法では年収による融資の縛りがありません。

そのため年収のない専業主婦でも、本人名義の借り入れが可能になっています。

本人名義の貸付けになりますので、配偶者の勤務先に連絡が入ることもありません。

旦那の会社に在籍確認の電話連絡はありません

銀行カードローンは本人名義の借り入れになるので、夫の勤務先に在籍確認の電話は一切ありません。

専業主婦が銀行カードローンを申込むときの職業は、専業主婦になります。

実際に申し込みをしてみると分かるのですが、専業主婦を選択すると勤務先の情報を記入する欄が自動的に隠れるようになっています。

つまり配偶者の勤務先情報を入力せずに、ローンの申し込みができるというわけです。

旦那の勤務先情報を提出しないので、銀行から在籍確認の連絡をしようがありません。

専業主婦の在籍確認はないので、安心してください。

では、配偶者の収入はどのように確認されるのでしょうか。

夫の年収は自己申告制

銀行カードローンの申込みに必要な配偶者収入は、妻の自己申告になります。

夫の個人情報は提出しないので、銀行が夫へ連絡することはありません。

そうなると、嘘の年収を申告をしてもいいのかと思う人もいると思います。

管理人が銀行へ直接問い合わせた結果、このような回答がありました。

自己申告された内容をもとに審査を致します。申告内容の真意は確認しておりません。

とはいえ虚の申告がバレて、強制的な契約解除や一括返済を求められる可能性は否定できません。

専業主婦はたとえ夫の収入を1,000万円以上と申告しても、少額融資しか受けられないのが現状です。

嘘の申告をしてもなんの得にもならないので、やめておくのが得策です。

郵送物でバレる可能性は極めて低い!

銀行カードローンは、お金を引き出すためのローンカードを郵送で発行します。

自宅あてに届いた郵送物が原因で、夫に借り入れがバレてしまうケースがごく稀にあります。

郵送物で夫バレするケース

step
1
カードローン契約完了

カードローン契約が完了すると、契約書類やローンカードなどが郵送されることがあります。

step
2
後日、郵送物が自宅に届く

自宅あてに届いた郵送物は、簡易書留および本人限定郵便で届くケースがほとんどです。

step
3
郵送物を夫が開封するとバレるかも!

万が一、誤って夫が開封した場合、バレる可能性があります。

注意ポイント

郵送物は時間指定できるイメージがあるかもしれませんが、一般的に銀行からの郵送物は時間指定できない場合がほとんどです。

送付方法は本人限定郵便ではなく、一般書留めの場合もあり、家族が受け取る可能性もゼロではありません。

郵送物が送られくるとはいえ、封筒表面には、銀行名が記載されているだけなので、開封しない限り分からないようになっています。

万が一家族に見られても、中を開けられな限りバレる可能性は極めて低いといえるでしょう。

周りにバレずにお金を借りる方法については、下記の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

内部リンク バレない

フリーランスの専業主婦なら消費者金融で借りれる?

専業主婦フリーランス

先ほど専業主婦は消費者金融での借り入れが難しいといいましたが、副業などで自己収入を得ている主婦なら話は別です。

1ヶ月に2〜3万円程度でも安定した稼ぎのある主婦なら、消費者金融を利用してお金を借りられます。

もちろん、夫の扶養内の稼ぎであっても問題ありません

消費者金融はパートやアルバイト収入でも申込みできることから、たとえ低収入のフリーランスであっても十分に申込みが可能です。

まとめ

専業主婦で借り入れをするなら、ネット銀行系のカードローンがおすすめです。

ネット銀行系のカードローンは、メガバンク(三井住友銀行、東京UFJ銀行、みずほ銀行)とは違って、融資に対して前向きな印象があります。

地元の馴染みの地銀ローンを利用したい場合は、専業主婦への貸付に対応しているかどうか調べてみてから申し込みをしましょう。

-お金を借りる条件

Copyright© 今すぐお金を借りるための選択肢!即日で素早く借りたい人向けに元銀行員が解説 , 2019 All Rights Reserved.