銀行カードローンで借りる

LINEポケットマネーでお金を借りるには?審査や利用方法について解説!

投稿日:

2018年11月27日、LINEが個人向け無担保ローンサービス「LINEポケットマネー」を開始すると発表しました。

金融機関のカードローンとは違い、審査に「LINEスコア」というAI(人工知能)の信用スコアを使うのが特徴です。

従来のような数字だけの審査ではなく、LINEアプリを通じた行動も基準の一つになるため、今まで審査に通らなかった人もお金を借りられるようになるとのこと。

信用スコアを導入したLINEポケットマネーの審査は、厳しいのか気になりますよね。

管理人
この記事では、LINEポケットマネーの概要や審査について紹介していきます。

LINEポケットマネーとは

LINEポケットマネーは、AIスコアを使って審査をする個人向けローンサービスです。

企画・運営は、LINEのグループ会社であるLINE Credit株式会社がおこなっています。

LINE Credit株式会社は、みずほ銀行とオリエントコーポレーション、LINE Financial株式会社の3社が共同出資をし、2018年5月に設立された新しい会社です。

出資比率に関しては、LINE Financial株式会社のHPに詳細が記載されていましたので、参考にしてください。

本取引は、来春完了予定であり、完了時の出資比率は、LINE Financial 51%、みずほ銀行 34%、オリコ15%となる予定です。

引用元: LINE Financial株式会社

2019年上半期に開始される予定ですが、どのようなサービスなのか今から注目を浴びています。

LINEスコアの説明と共に、下記で紹介していくので、参考にしてください。

「LINEポケットマネー」の審査は厳しい?

LINEみずほ銀行
LINEポケットマネーは、みずほ銀行の審査ノウハウをベースとして審査をおこなう予定です。

あくまで銀行の基準なので、誰でも審査に通るわけではありません。

参考までに、みずほ銀行の主な審査要項を以下にまとめました。

みずほ銀行カードローンの審査要項

  • 満20歳以上満66歳未満の人
  • 安定した収入の見込める人
  • 保証会社の保証を受けられる人

引用元: みずほ銀行

実際にみずほ銀行の審査をおこなうのは、保証会社として設定されているオリエントコーポレーションです。

オリエントコーポレーションは、在籍確認が必須ではないことから、大手銀行の審査よりも比較的通りやすいと言われています。

LINEポケットマネーの保証会社もオリエントコーポレーションになるため、それほど厳しい審査基準ではないでしょう。

LINEポケットマネーは、上記のみずほ銀行とオリエントコーポレーションの審査方法に加えて、独自のスコアリングデータを使って審査をしていきます。

審査に使われる「LINEスコア」とは、一体どのような仕組みなのでしょうか。

審査にはAI(人工知能)スコアの「LINEスコア」が使われる

LINEポケットマネーAI
LINEポケットマネーは、LINEスコアのデータを使ってAI(人工知能)が審査をしていきます。

LINEスコアとは、LINEの利用頻度などLINEアプリを通じた個人の行動に基づいて、信用スコアを算出するサービスです。

どのような関係性の知人とコミュニケーションをとっているか、読んでいるネット記事から何に興味をもっているのかなどを、AI(人工知能)が分析。

その分析結果から、ひとりひとりの行動データをスコア化します。

AIが判断をするため、ブレがなく、より正確な審査がおこなわれると言われています。

普段、自分が無意識で行動していることでもスコアアップのチャンスなのです。

AIスコアと言えば、みずほ銀行が手がけるJ.Scoreも注目されています。

J.ScoreはAIスコアリングを活用した個人向け融資サービス

J.Scoreは、みずほ銀行とソフトバンクの共同出資によって設立した融資会社です。

日本で初めて、AIスコアリングを導入しました。

自分の性格やライフスタイル、趣味などのさまざまな情報を入力すればするほど、分析精度が高まり、スコアアップに繋がります。

AIスコアが上がると、好条件でお金を借りられ、提携企業から特典も受けられます。

J.Scoreの設立後、ドコモやYahoo!も参入を始めており、AIスコアリングはこれからますます広がっていくでしょう。

LINEスコアが高いと審査に有利になる

LINE審査有利
LINEスコアが高いと、審査優遇されます。

また算出されるLINEスコアに応じて、ひとりひとりに適した金利や限度額が決まります。

スコアが高いと審査に通りやすくなるだけでなく、低金利で借りられたり、限度額が大きくなるということです。

今までのカードローンは、収入状況や勤続年数といった情報しか見ないので、審査に落ちてしまった人も多いでしょう。

会社員に比べてフリーランスの仕事をしている人は、審査に通りにくいのも事実です。

しかしLINEスコアでしたら、入力した個人情報に合わせてユーザーの行動傾向などを総合的に判断するため、今まで審査に落ちていた人も融資を受けられる可能性があります。

この審査方法を使うLINEポケットマネーが普及すれば、お金を借りられる人の幅がぐっと広がるかもしれません。

管理人
表面的な情報だけでなく、ひとりひとり人間性を見てもらえるのは嬉しいですね。

LINEポケットマネーの気になる審査の流れは?

LINEポケットマネーの開始は、2019年上半期と予定されています。

現段階では、詳しい審査の流れは公表されていません。

しかしアプリで申し込み、審査、借り入れ、返済が完結すると言われています。

管理人が、審査から借り入れまでの流れを案出してみました。

step
1
アプリで個人情報などを入力して申し込む

step
2
みずほ銀行とオリエントコーポレーションで信用情報を審査

step
3
LINEスコアで個人の信用スコアを審査

step
4
審査通過後、借り入れ開始

以上のような、流れになるのではないでしょうか。

これから随時、詳しいことは発表されていくでしょう。

審査にかかる時間は早いと予想される

LINE審査早い
LINEポケットマネーの審査時間は、早いと予想されます。

LINE株式会社の出澤社長は、2018年11月27日の事業戦略発表会で以下のように発言しました。

「急な飲み会などの交際費、出張の立て替えや医療費など、突発的な資金需要へ対応していきたい」

LINEポケットマネーという名前からもイメージできるように、素早くお金を借りられることが期待できそうです。

LINEポケットマネーの利用方法は?LINEを使っていれば誰でもOK

LINE利用
LINEポケットマネーとLINEスコアは、LINEを使っていれば誰でも利用できます。

いまやLINEの国内月間利用者数は、7800万人を超えています。

スマートフォンを持っている人で、LINEをインストールしていない人はゼロと言っても過言ではないはず。

消費者金融の店舗に行くのにためらいがあった人も、いつも使っているLINEから利用できれば、「お金を借りる」というハードルが下がるのではないでしょうか。

LINEポケットマネーは契約から返済までアプリで完結できる

LINE返済
LINEポケットマネーは、申し込み・審査・借り入れ・返済の一連の流れをすべてアプリで完結できるそうです。

店舗で契約したり、返済のためにATMへ走る必要はありません。

24時間いつでもどこでも、アプリから利用できます。

現状のLINEアプリから使えるのか、LINEポケットマネー専用のアプリが作られるのかはまだ不明ですが、アプリをダウンロードすれば、簡単に利用できること間違いなしです。

限度額や金利はまだ未発表

審査情報と同じく、借入限度額や金利などの詳細は、まだ発表されていません。

おそらくJ.Scoreに近い条件になると、予測されます。

J.Scoreの融資条件

貸付利率 0.8%〜12.0%
限度額 1,000万円

引用元: J.Score

今後、詳しいことがわかり次第、紹介していきます。

まとめ

LINEポケットマネーの最大の特徴は、LINEアプリを通じて行動したデータをスコア化し、その数値を審査に使うことです。

数値結果によって審査条件が変わるため、より個人にフィットしたローンサービスと言えるでしょう。

今までお金を借りられなかった人も、LINEポケットマネーなら融資が可能になります。

サービスの開始が、待ち遠しいですね。

-銀行カードローンで借りる

Copyright© 今すぐお金を借りるための選択肢!即日で素早く借りたい人向けに元銀行員が解説 , 2019 All Rights Reserved.