お金を借りる条件

アルバイトでもお金が借りれる?働き始めたばかりでも借りれるカードローン

更新日:

アルバイトの最低賃金が上がっているとはいえ、時給が数十円上がったくらいでは生活にゆとりは生まれませんよね。

とくに学生は、ゼミやサークル活動で思うように稼げず、お金に困ることも多いのではないでしょうか。

大学生でもアルバイトをしていれば、カードローンを使って借り入れが可能です。

身近にお金を借りるあてがないのなら、カードローンを頼ってみるといいでしょう。

管理人
この記事では、アルバイトを始めてすぐでも借りられるカードローンを紹介しています。

アルバイトでお金借りるならカードローンが便利

アルバイトでお金借りるならカードローンが便利のイメージ画像

アルバイトでお金を借りるなら、カードローンをおすすめします。

カードローンに抵抗を感じるかもしれませんが、借りてすぐに返済すれば利息が意外とかかりません。

たとえばアイフルから5万円を3ヶ月借りても、月々17,169円×3ヶ月で、支払う利息はたったの756円です。

とくに周囲にお金を借りることをバレたくないと思っている人も多いはずです。

親や友人からお金を借りれば利息はかかりませんが、バレずに借りるのは難しいといえます。

親・友人からお金を借りると金銭トラブルに発展しやすい

親や友人からお金を借りれば、カードローンとは違って利息がかからないメリットが得られます。

しかし利息を支払わないメリットよりも、金銭トラブルに発展するデメリットのほうが大きいように感じます。

たとえば友人からお金を借りて期日までに返済できなかった場合、揉めるのは目に見えています。

とくにお互い学生同士であれば、たった1,000円でも重たい金額です。

カードローンなら数十円程度の利息で済むうえ、済返済が遅れても数百円程度の延滞料のようなものを取られるだけになります。

管理人
身近な人からお金を借りて揉めるくらいなら、数百円の利息を支払うカードローンのほうがよっぽどマシではないでしょうか。

アルバイト先からの前借りは法的にできません

アルバイトお金借りる

「アルバイト先から給料を前借りできるのではないか?」と考える人も多いようです。

結論から言いますと、非常時でない限り給料の前借りは法的に原則禁止されています。

この非常時というのは、出産・病気・災害などを意味します。

次のように労働基準法に、給料の前借りに関する条件が明記されています。

労働基準法第25条では、労働者が、出産、疾病、災害等の非常の場合の費用に充てるために請求する場合は、賃金支払期日前であっても、使用者は、既に行われた労働に対する賃金を支払わなければならないと定められています。

引用元: 労働基準法第25条

残念ながら単純にお金が足りないという理由から、アルバイト先からお金を借りることはできません。

仮にアルバイト先の裁量によりお金が借りられたとしても、完済するまでバイトを辞められなくなります

返済のために強引にシフトを入れられたり、理不尽な対応をされてもバイトを辞められなくなりますので注意してください。

時給は関係なし!アルバイトで収入が少なくても審査に通るカードローン

アルバイトで借りるカードローンのイメージ画像

カードローンを使ってお金を借りるときは、まず消費者金融か、銀行カードローンを選ぶところから始めます。

  • 消費者金融
  • 銀行カードローン

アルバイトでお金を借りるのなら、銀行カードローンと比べて審査に通過しやすい消費者金融をおすすめします。

既に知っている人も多いかもしれませんが、カードローンを使ってお金を借りるときは必ず審査があります。

審査といっても難しいものではなく、また時給の高い低いも関係ありません。

ココがポイント

わずかな収入でも、カードローンの審査に通っている人は多くいます。

しかし収入が少なくても審査に通っているのは、消費者金融に限った話です。

銀行カードローンは、消費者金融と違って審査が厳しいためアルバイトでは借りられないかもしれません。

銀行カードローンはアルバイトへの審査が厳しい

銀行カードローンの貸付条件をみると、「アルバイトでも借り入れOK!」という記載をよく見かけます。

しかしその下に、注意書きとして学生は不可と小さな文字で記載されていることがほとんどです。

次のようにアルバイト学生への貸付をおこなっていない銀行カードローンは多くあります。

継続安定した収入のある方。学生の方 はアルバイト等で継続安定した収入があってもお取扱いできません。

引用元: りそな銀行

・ご本人に安定かつ継続した収入の見込める方※学生の方はお申込みいただけません。

引用元: イオン銀行

アルバイト学生レベルの稼ぎでは、銀行カードローンの審査に通るのが難しいといえます。

もちろん、学生でも申し込みできる銀行カードローンはあります。

しかしアルバイトで銀行カードローンの審査に通るのなら、少なくとも年収150万円程度・勤続1年以上は欲しいところです。

銀行カードローンは審査に厳しい傾向がありますので、アルバイトで借りるなら消費者金融を選ぶといいでしょう。

出勤日数・勤続年数が少ないなら消費者金融がおすすめ

消費者金融は、銀行カードローンとは違い1日目でも働いていれば申し込みが可能です。

価格.comなどの口コミを見ると、次のようにバイトの出勤期間が短くても審査に通っている人が多くいることが分かります。

20代男性アルバイト

年収96万円のアルバイトです。
学生ローン10万円の他社借り入れがありますが、アルバイトを始めて2ヶ月で10万円の融資可決に成功しました。

30代女性アルバイト

年収は200万円未満です。
アルバイトを始めて1ヶ月で、10万円の融資に可決しました。

バイトの出勤日数や勤続年数が少ないのなら、消費者金融で申し込みをすることをおすすめします。

消費者金融はこんな方におすすめ

  • アルバイトを始めたばかりの人
  • 収入が少ない人
  • 審査に自身のない人

では、どこの消費者金融ならバイトを始めたばかりでも借り入れできるのでしょうか。

バイトを始めたばかりでも借りれる消費者金融3選

バイトを始めたばかりでも借りられる大手消費者金融をピックアップしました。

アイフル 1日でも勤務していれば申し込みが可能
プロミス 1週間でも勤務しているなら融資審査が可能
アコム 1週間でも勤務しているなら融資審査が可能

とくにアイフルは、1日でも勤務していれば申し込みが可能で、アコムやプロミスとくらべて融資に前向きな姿勢にあることが伺えました。

もちろんアコムやプロミスも大変優れていますが、働き始めてすぐ借りたいのならアイフルを選ぶのがいいでしょう。

バイト初日からすぐに借りられるアイフル

バイト初日からすぐ借りられるアイフル。

アイフルは、申し込みから借り入れまで最短60分で借りられるメリットもあります。

金利 3.0%〜18.0%
限度額 1,000円〜800万円
審査時間 最短30分
特徴 最大30日間の無利息サービス

web申込後、スマホで身分証明書を撮影してメールで送るだけなので契約手続きも簡単です。

働き始めてすぐ借りたいのなら、アイフルで間違いありません。

アイフルにバイト初日でも借りれるか聞いてみた!

実際に管理人がアイフルに電話して、バイト初日でもお金を借りられるか聞いてみました。

アルバイトを始めて1ヶ月なのですが、融資を受けられますか?

はい。当社は収入が得られているのであれば、申し込み可能となっております。

現在、短期のバイトで3ヶ月後に退職予定です。次の勤務先で1週間勤務すれば融資を受けられますか?

勤務先が内定している状態での融資はできませんが、1日でも出勤している状態でしたら可能です。

ありがとうございます。

問い合わせたところ、バイト初日でも借り入れが可能という返答がありました。

バイト初日でも借りられる消費者金融は、アイフルだけです。

アルバイトを始めてすぐに借りたいのなら、アイフルのように融資に積極的なカードローンを検討されてはいかがでしょうか。

短期バイトでも即日に借りれるプロミス

短期バイトでも融資審査が可能な「プロミス」。

金利 4.5%〜17.8%
限度額 1〜500万円
審査時間 最短30分
特徴 メールアドレス登録とweb明細利用で30日間の無利息

プロミスは、メールアドレス登録とweb明細利用で、30日間の無利息サービスが適用されます。

最短30分の審査スピードで、申し込みをしたその日のうちに借り入れが可能です。

土日や祝日でも、365日いつでも即日融資ができるカードローンです。

1週間以上働いていれば借りれるアコム

アコムは、1週間以上働いていればアルバイトでも借り入れが可能です。

金利 3.0%〜18.0%
限度額 1〜800万円
審査時間 最短30分
特徴 最大30日間金利0円

申込者数No.1の消費者金融なので、アルバイト学生からの人気も高いです。

最短30分とスピーディーなうえ、最大30日間の金利0円サービスもあります。

人気の消費者金融で借りたいのなら、アコムがいいでしょう。

日雇いのバイトは消費者金融でも審査に通らない?

日雇いのアルバイトでも、その後に継続して働き続ける見込みがあるなら審査に通る可能性があります。

カードローンの審査に通過するには、安定した収入があることが必要不可欠です。

ココがポイント

アイフルなら1日でも勤務していれば申し込み可能となりますが、継続的に働いていく意思があることを確認できなければなりません。

恐らくカードローンの審査のときに、現在の働いている状況について詳しく聞かれます。

審査のときに短期的でも良いので、継続して仕事を続けていく意思があるということを明確に伝えるといいでしょう。

管理人
継続的に働く意思さえあれば日雇いバイトでも審査に通ります!

アルバイトを始めてすぐだと、いくら借りれる?

アルバイトで借りるのイメージ画像

上述でもあるように口コミを見ると、アルバイトを始めてすぐでも10万円の借り入れに成功している人が多く見受けられます。

10万円以下の少額キャッシングなら、働き始めてすぐはもちろん、収入が少なくても審査に通りやすいといえるでしょう。

カードローンの審査は、借り入れ金額が増すごとに審査通過するのが難しくなります。

働き始めてすぐなら、希望融資額を10万円程度に留めておくのがベターです。

10万円以上の借り入れを希望する場合は、勤務期間を伸ばしてから申し込みをするといいでしょう。

アルバイトで50万円借りるなら勤務期間1ヶ月以上は必要

アルバイトで50万円を借りるなら、最低1回分の給与明細を受け取っている必要があります。

少なくとも1回分の給与明細がないと、見込み年収の算出ができないからです。

アルバイト期間が1年未満の場合は、おおよその見込み年収で審査を受けます。

また総量規制の関係で、50万円を借りるには見込み年収150万円以上は最低限必要になっていきます。

総量規制…貸金業者を対象に貸付額を年収の3分の1までに制限する法律です。

これら2つの要素を踏まえて考えると、150万円÷12ヶ月=月額12.5万円。

つまり限度額50万円の借り入れを希望する場合は、月額12.5万円以上の給与明細書を提出しなくてはなりません。

収入はどのくらい必要?

次のように「いくら借りるのか?」で、どのくらい収入が必要になるか変わってきます。

借入希望額 必要収入
5万円 月額1.25万円以上
10万円 月額2.5万円以上
20万円 月額5万円以上
30万円 月額7.5万円以上
40万円 月額10万円以上
50万円 月額12.5万円以上

アルバイトに限らず、消費者金融は年収3分の1以上の借り入れができません。

消費者金融で50万円を借りるには、物理的にその3倍の年収が必要になってきますから最低でも年収150万円は必要になってきます。

50万円を借りたいのなら月額12.5万円以上は稼いで、見込み年収は150万円と記入するようにしましょう。

-お金を借りる条件

Copyright© 今すぐお金を借りるための選択肢!即日で素早く借りたい人向けに元銀行員が解説 , 2019 All Rights Reserved.