ビットコインの始め方マニュアル|初心者にもわかりやすく解説

ビットコイン投資は、非常に注目を集めています。

投資には縁がないと思っていた人でも、ビットコインには興味がある人も多いのではないでしょうか。

この記事では「ビットコイン投資の始め方」について、初心者にもわかりやすく紹介していきますので参考にしてください。

ビットコイン投資の始め方

ビットコインは、2016年に日本政府によって「貨幣」として認められました。

日本政府がビットコインを正式に認めたことで、リスクを懸念して様子を伺っていた人も続々と参入し始めています。

また数千円から始められる手軽さから、リスクを負いたくない、投資は始めて、という人に人気があります。

ビットコインの投資方法は、株などと同様です。

価値が下がっているときに買い、高いときに売れば、利益を出すことができます。

ただしビットコインの投資を始めるなら、口座を開設して、取引所にウォレット(ビットコイン専用の財布)を持つことが必須です。

現在のありえない価格上昇に乗っかり、買い時を逃さないためには、とにかくウォレットを持つ必要があるということです。

参照:https://www.nikkei.com/article/DGXLASGC04H01_U6A300C1MM0000/

 

ビットコイン投資を始める前にリスクについて理解する

ビットコインの値動きの激しさは魅力的ですが、その分リスクが大きいことを懸念する人も多いと思います。

投資ですので、当然ながら損をする可能性があることは否定できません。

実際に、ビットコイン投資で失敗してしまった人もいます。

ビットコイン投資で失敗してしまった人のほとんどは、「周りの人がやっていたから」、「儲かるという噂があったから」など、リスク管理が甘かった人ばかりです。

ビットコインなら誰でも成功する、という話しはあり得ません。

しっかりと知識を身につけたうえで、ビットコイン投資を始めるべきでしょう。

ビットコインの変動の激しさを知らずに購入してしまうと、購入後に心中穏やかでない日々を過ごすことになります。

取引所でアカウントを作ると価格の変動が見られるので、実際に購入する前にビットコインの変動の激しさを感じてみることをおすすめします。

ビットコインは価値が下がったときを狙って購入する

ビットコインを始める人の中には、価格が上がっているときに購入する人がいます。

価格が上がっているものを購入して、投資として成り立つのであれば、誰でも投資家になれます。

投資の基本は、価値が下がっているときに買い、価値が上がったときに売る、ということです。

そもそもの投資の基本が分かっていない状態で、ビットコインを始めることはやめましょう。

ビットコインの価値は上昇し続けているため、価値が下がるのは一瞬です。

買い時を逃さないためには、取引所に口座を開設していつでも始められるようにしておくことが大切になります。

ビットコインを始めるなら取引所を選ぼう

ビットコインは、取引所と販売所を利用して売買するのが一般的ですが、初心者は取引所を利用することをおすすめします。

取引所と販売所の違いは、以下のとおりです。

取引所 販売所
ビットコインユーザー同士が、売買取引をおこなうサイト ビットコインを保有する会社から、購入できるサイト

ビットコインユーザーである個人から購入する取引所よりも、会社から購入する販売所のほうが安心なのではと思われるかもしれませんが、販売所は最低投資金額が高く、手数料がかかるというデメリットがあります。

ビットコイン投資をおこなっている人のほとんどは、取引所を利用して、手数料という無駄なお金は節約しています。

ビットコインを実際に買ってみる

最初は少額でも良いので、実際にビットコインを購入しましょう。

ビットコインを購入することで、調べているだけではピンとこなかった、分からなかった点がはっきりと見えてくると思います。

しっかりと調べたうえで始めるのは大前提ですが、実際にやってみないと分からないことも多いです。

ビットコインは数千円から始められますので、ある程度、知識が身についたらビットコイン投資に乗り出しましょう。

ビットコインを売ってみる

購入したときよりもビットコインの価値が上がったら、売ってみましょう。

買った時と売った時の差額が、利益になります。

ビットコインは多少、価値が下がっても現在のところ、すぐに上がっています。

下がったからといって焦って売却してしまわず、長い目で見てホールドしておくことも大切です。

ビットコインは1日の価格変動も大きく、株などの投資とは少し勝手が違うため、売却するタイミングは誰しも迷うと思います。

少額であればリスクも少ないため、大きな賭けに出る前に、しっかりとビットコインについて情報収集をおこなって戦略を練ることをおすすめします。

SNSでもご購読できます。