ビットコインの購入方法・買い方を解説|初心者にもわかりやすく教える

今、話題のビットコインを始めてみたい、と思っている人も多いと思います。

ビットコインは、どうすれば購入することができるのでしょうか。

この記事では、「ビットコインの購入方法」から「ビットコインはいくらから購入できるのか」について紹介していきます。

ビットコインの購入方法|どこで買うのが一番いい?

ビットコインの購入方法は、以下のとおりです。

  • 取引所や販売所で購入する
  • OTCで取引する
  • ビットコインATMを利用する
  • コンビニで買う

取引所で購入するのが一般的

これからビットコインを購入するという人は、取引所を利用することをおすすめします。

取引所とは、すでにビットコインを持っているユーザー同士でビットコインの売買をおこなっている場所です。

取引所がユーザー同士をマッチングしてくれるので、はじめてビットコインを購入するという人のほとんどは、取引所を利用します。

販売所で買う方法もありますが、最低取引金額が大きく、手数料も高いため初心者向けではありません。

取引所や販売所といっても実際に店舗があるわけではなく、オンラインでビットコインを取引している場所になります。

ビットコインを売る場合も、取引所を仲介して売買するのが一般的です。

ビットコインの主な取引所

ビットコインを扱っている取引所はいくつかありますが、どこで購入しても良いというわけではありません。

名前も知られていないような取引所にビットコインを預け、もしも取引所が閉鎖してしまった場合、預けていたビットコインをすべて失ってしまいます。

初心者がはじめて口座を開設するなら、取引量が多く、安定している以下の仮想通貨取引所がおすすめです。

  • コインチェック
  • ビットフライヤー
  • Zaif

上記の3つは王道ですが、取引所が潰れてしまえば運用うんぬんではなくなってしまうため、大事な資産を預けるならしっかりしている取引所を選ぶことが必須になります。

ビットコインの買い方の手順

ビットコインの買い方の手順は、以下のとおりです。

往信SBIネット銀行の口座を開設する

往信SBIネット銀行は、主要取引所のほぼ全てと提携しているため、ビットコインを始める人は往信SBIネット銀行で口座を開設すれば間違いはありません。

口座を作っておかないと、後述で説明する取引所への入金に手数料がかかってしまいます。

往信SBIネット銀行と提携している取引所なら、手数料無料で振り込むことができます。

取引所を選択してアカウントを作成する

ビットコインの取引がおこなわれている取引所にアカウントを作成し、自分のウォレットを持つ必要があります。

ビットコインを扱っている主な取引所は、以下の3つです。

  • コインチェック
  • ビットフライヤー
  • Zaif

あまり主流ではない取引所を利用してしまうと、突然、閉鎖して全てのビットコインを失うリスクがあります。

安全にビットコイン投資を始めるためには、上記で紹介したような主要取引所を利用することをおすすめします。

本人確認画面にアクセスする

取引所を選択したら、本人確認画面にアクセスして氏名、性別、生年月日、住所などを入力します。

本人確認書類として、運転免許証やパスポート、個人番号カードなどを提出する必要があります。

提出といっても紙にコピーして送付するわけではなく、自分で写真を撮って電子データとして提出しますので、事前にスマートフォンで撮っておくとスムーズでしょう。

本人確認に必要な事項を入力すると、2〜3日後に簡易書留で手続き完了のハガキが届き、アカウント登録は完了です。

アカウントに入金する

アカウントを作成したら、実際に自分のウォレットにお金を入金しましょう。

入金まで済ませておかないと、買いたい時にすぐに購入できないため、買い時を逃してしまうかもしれません。いつでも購入できる状態にしておきましょう。

ウォレットに入金しただけではビットコインを購入したことにはならず、あくまでも準備段階です。

ビットコインを購入する

取引所にアカウントを作成し、ウォレットに入金したら、タイミングを見てビットコインを購入します。

購入する前に、いくら買うのか、いくらになったら売るのかなど、戦略を立てておきましょう。

お小遣い程度になれば良いと考えている人、一攫千金を狙っている人、それぞれ投資のやり方は異なってくると思います。

自分がどの立ち位置で始めるのか、最初に明確にしておくことが、ビットコイン投資を成功させるポイントです。

OTC取引は初心者向けではない

OTC取引とは、取引所などを仲介せずにユーザー同士で直接、ビットコインの売買をおこなう取引のことです。

しかし、これからビットコインを始めようという人が個人間で売買できる機会はなく、信用できる相手かどうか見極めるのが難しいという問題点もあります。

OTC取引はビットコインの取引を実際に経験した後、検討すると良いでしょう。

コンビニやビットコインATMは普及途中

ビットコインは、コンビニやビットコインATMで購入する方法もあります。

チケット購入などと同じ要領なので、初心者には手軽で便利です。

ただしビットコインの購入に対応しているコンビニはまだまだ少なく、ビットコインATMの導入も全国的ではありません。

楽天で購入することはできない

楽天で購入できるという間違った情報もありますが、楽天でビットコインを購入することはできません。

楽天がおこなっているサービスは、楽天で買い物や予約をするとビットコインがもらえるというものです。

楽天をよく使う人は、もらったビットコインで感覚をつかんでも良いかもしれません。

ただし楽天からビットコインを受け取るためには、口座を開設して、取引所で自分専用のアカウントを作成する必要があります。

また楽天を利用してもらえるビットコインは、1万円の商品を購入しても約60円分のビットコインしか受け取れないため、取引所でビットコインを購入したうえで、おまけ程度に考えたほうが良いでしょう。

ビットコインはいくらから購入できる?

ビットコインの単位はBTC(ビットコイン)で、2018年1月現在の1BTCのレートは約170万円です。

しかしビットコインの最低投資金額は1BTCではなく、170万円からスタートしなければならない、というわけではありません。

取引所にもよりますが、ビットコインは0.0001BTC、つまり数百円から始めることもできるので安心してください。

株などの投資に比べると、初心者が参入しやすい仕組みになっています。

初めてだから不安、という人は数千円〜数万円の投資から始めてみてはいかがでしょうか。

ビットコインの取引単位

ビットコインの取引単位はBTCですが、実はその下にも単位があります。

ビットコインの単位
  • BTC
  • mBTC
  • satoshi
1mBTCは0.001BTC、1satoshi=0.00000001BTCです。

つまり最低投資単位である1satoshiは、1BTC=100万円のとき0.01円ということになります。

日本円でいう「銭」と同様に、実際に1satoshiでやりとりすることはありませんが、ビットコインを始めるうえで予備知識として知っておくと面白いと思います。

SNSでもご購読できます。