ビットフライヤーの使い方と評判を紹介|日本一の取引所になった理由は?

仮想通貨取引所のビットフライヤーは、国内最大の月間取引量・ユーザー数・資本金を誇っています。

数ある取引所のなかで、投資家たちがビットフライヤーを選ぶのは何故でしょうか。

この記事では、「ビットフライヤーの特徴」から「ビットフライヤーの評判」、「ビットフライヤーの取り扱い仮想通貨」について紹介していきます。

ビットフライヤーの特徴は?

ビットフライヤーの特徴は、セキュリティ体制が万全であること、ビットフライヤーライトニングというサービスを提供していることです。

ビットフライヤーは利用者の安全性・利便性を考えたサービス内容によって、日本一の取引所に成長したといえます。

万全のセキュリティ体制で安心

ビットフライヤーは、大手プロバイダであるDigiCert(デジサート)の次世代暗号を導入しています。

DigiCertの証明書は、NASAなどの米国政府関連機関からTOYOTAやSONYなどの大手企業まで、全世界116,000社以上に採用されている最高レベルのセキュリティを誇る証明書です。

またビットフライヤーでは、コールドウォレットとというインターネットと完全に切り離されたウォレットでコインを保管し、入出金は人が確認しています。

仮想通貨投資を始めるにあたって、価格下落のリスクに意識が向きがちですが、ハッキングなどのトラブルについてしっかりと考えるべきです。

セキュリティレベルの低い取引所で、仮想通貨投資を始めるべきではありません。

ビットフライヤーライトニングという取引所がある

ビットフライヤーには、ビットフライヤーライトニングというビットコインの現物・FX・先物取引、イーサリアムの現物の取引に対応した取引所があります。

チャートの見方が少し複雑なので、FXを利用したことがある人は使いこなせると思いますが、初心者が使いこなすのは難しいかもしれません。

最大15倍のレバレッジで取引できるので、より幅広い戦略により、利益を得ることができます。

専用アプリでいつでも売買取引が可能

価格変動が激しいビットコイン投資では、値上がり、値下がりの一瞬のタイミングを逃さないことが大切です。

ビットフライヤーはスマホアプリを展開しているので、外出先でもビットコインやアルトコインの売買取引がおこなえます。

メールアドレスだけでアカウント開設できる

ビットフライヤーは、メールアドレスだけでアカウントを開設することができます。

取引を進めていく場合は個人情報を登録する必要がありますが、最初から本人確認情報を登録するのは面倒くさい、とりあえず価格変動の様子を見たい、という人にはぴったりです。

アカウントを開設したからといって、料金が発生することはありません

ビットフライヤーの取り扱い仮想通貨一覧

ビットフライヤーが取り扱っている仮想通貨は、以下のとおりです。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • イーサリアム・クラシック
  • ライトコイン
  • ビットコイン・キャッシュ
  • モナコイン

ビットフライヤーの手数料

ビットフライヤーの売買手数料は、0.01%〜0.15%です。

手数料が高いと言われている販売所での売買取引も、現在は手数料無料で利用できます。

ただし販売所の手数料が無料なのはキャンペーン期間中だけなので、利用する前にキャンペーンが終了していないか確認する必要があるという点には注意してください。

ビットフライヤーの口コミ・評判を紹介

ビットフライヤーを利用した人の評判を紹介しますので、利用を検討している人は参考にしてください。

ビットコイン取引をおこなううえで、取引所のセキュリティ体制は重要だと考え、最高レベルのセキュリティを誇るビットフライヤーを利用しました。ビットコイン投資において、預ける取引所が安全に運営されているかどうかの把握は、価格下落のリスクを考えることよりも大切だと思います。

ビットフライヤーのスマホ専用アプリを利用してビットコイン投資をおこなっています。初心者にも分かりやすく、使いやすいので非常に良いと思います。携帯からいつでも、どこにいても売買取引ができるので、とても便利でおすすめです。

ビットフライヤーの利用者が、60万人を超えたみたいです。私も使っているけど、セキュリティ体制はしっかりしているし、使いやすいから人気なのも納得です。

ビットフライヤーの使い方

ビットフライヤーの使い方の手順を簡単に説明すると、以下のようになります。

  1. ビットフライヤー取引所でアカウントを開設する
  2. ログインして「入出金」メニューから入金する
  3. 購入したいコインを選択する
  4. 購入する金額を入力して「注文を実行する」ボタンを押す

売りたい場合も同様に、売却したいコインを選択し、金額を入力すれば取引できます。

実際にやってみると分かりますが、取引自体は難しくありません。

とにかく、少額でもいいのでやってみることが大切です。

SNSでもご購読できます。